がん患者団体支援機構

最新情報

第15回がん患者大集会「これからのがん治療とピアサポートの重要性」プログラム

掲載日: 2019/10/13

「第15回がん患者大集会」

日時: 2019年11月10日(日)開場 12:30

13:00~16:30

会場: 国立がん研究センター築地キャンパス新研究棟 大会議室

主催: NPO法人がん患者団体支援機構・第15回がん患者大集会実行員会

共催: 国立がん研究センター希少がんセンター

12:45~12:50 「のの字の歌体操」

【13:00~13:10 】開会式(10分)

開会の挨拶 浜中和子(NPO法人がん患者団体支援機構理事長)

来賓紹介(ご挨拶) 厚生労働省 江浪武志(えなみたけし)氏

日本医師会 羽鳥裕(はとりゆたか)氏 

【13:10~ 14:20】第1部

特別講演: 「光免疫療法による新しいがん治療」(40分)

田原 信先生(国立がん研究センター東病院 頭頸部内科長)

講演: 「希少がん患者さんとともに」(30分)

川井章先生(国立がん研究センター 希少がんセンター長)

【14:20~ 15:00】第2部発表:「ピアサポート事業10年の振り返り」(40分)

①齋藤とし子氏(アイビー千葉) (20分)

「ピアサポート10年の成果と今後の課題」

② 神谷康秀氏(ピアサポーター)

「私がピアサポーターになろうとした動機は」(10分)

③ 三上裕美氏(ピアサポーター)

「ピアサポーターへの道のり、そしてこれから」(10分)

15:00~15:15】休憩 (15分)

15:15~16:203部 シンポジウム:「ピアサポートの重要性と課題」(65分)

コーディネーター:坂下千瑞子先生

(東京医科歯科大学医学部附属病院 血液内科 がん体験者)

シンポジスト:

・出江洋介先生(駒込病院患者サポートセンター長)

・佐々木治一郎先生(北里大学病院集学的がん診療センター長)

・加藤陽子看護師(国立がん研究センター希少がんセンター

希少がんホットライン担当)

・山田陽子氏(NPO法人がん患者団体支援機構事務局長兼

ピアサポート担当理事)

・松川紀代氏(ピアサポーター)

16:20~16:30】閉会式

アピール文提出:厚労省へ  日本医師会へ

挨拶: ①厚労省江浪武志(えなみたけし)氏 ②日本医師会 羽鳥裕氏

閉会の挨拶 :西田俊朗先生(国立がん研究センター中央病院 病院長)

山本ゆき氏 (NPO法人がん患者団体支援機構 副理事長)

第15回がん患者大集会チラシポスター

第15回がん患者大集会チラシ裏面